スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Dance with Devils 総評

71edDywH7qL__SL1113_.jpg
ヒトか、アクマか。四皇學園に通う立華リツカは、ある日、謎の男たちに襲われる。それをきっかけに、彼女は『禁断のグリモワール』の手掛かりとして狙われることに―― アクマに甘く誘われ、惑わされ少しずつ変わっていく日常。 アニメとは異なる道筋を辿り、幾つもの結末が待ち受ける、魅惑の物語。 あなたが選ぶのは、ヒトかアクマか――

随分と時間かかってしまったのですが、やっとフルコン&トロコンしたのでダンデビの総評をしたいと思います。
某密林とかかなり評価されているのですが、私個人としてはちょっと辛口評価もありそうなのでそれを踏まえて個人的な一意見として受け取って頂きたいです。嫌いではないです、好きです。

・主人公感想
51083489.png
☆立華リツカ(名前のみ変更可能)
アニメでひみが演じていたので声がないのはやっぱり残念。
得たものは栄華の力が与えられる、グリモワールをその身に宿したことから色んな種族から狙われることになる主人公です。
守られるだけじゃなくて、自分に出来ることをちゃんと考えて行動する子なんでいい子だと思います。
が、しかし。キャラによってはわかっていても勝手に動いて危ない目にあってるのでそこはマイナス。
あと、自分を追い詰めちゃう子ですね。
ぶっちゃけ、悪い子ではないのですがゲームではそこまで魅力あるとは感じられない為、攻略キャラ達が彼女を好きになる理由がちょっと薄いかなって思いますね。
もっとアズナとの絡みも見たかったなぁ。

・攻略キャラ感想
twittericon_400x400_DwDonsale_ch01.png
・鈎貫レム(CV:斎藤壮馬)
一番まともな部類の人だと思います。
しいたけが苦手とか可愛い!!
グリモワール問題抜きに最初からリツカに惹かれていた彼。本人曰く、自分の思った通りの詰みにいかないから面白くて好きになったって感じですが、もうちょっとこれエピソード欲しかった。例えば、ありきたりだけどそのまた昔実は出会ったことがあって・・・とかね。
レムルートだと、リンドと協力する場面があるので良かったです。基本、リンドは吠えてるからね。
それにレムリツは結構王道で入りやすい気がしました。
ただ、レムルートのリツカには呆れてしまったけど。
どう考えたって声が違うのに信じるリツカに共感できなくて、レムルートのリツカは好きになれなかった。

twittericon_400x400_DwDonsale_ch02.png
・立華リンド(CV:羽多野渉)
確かリンドルート以外では明らかになってなかったっけ?
リツカの兄ではありますが、実兄ではないんですよね。
正式には【従兄弟】でその正体も半ヴァンパイアのダンピール。そして、ヴァンパイアの王・ネスタの実の息子という。
リンドはやはりアクマエンドのクオリティーがどのキャラよりも高かかった。
エクソシストの修行の流れが割とあっさりしてるし、もっとアズナと知り合ったエピソードが欲しかった。
ずっと信じてたエクソシスト協会が妹を滅ぼそうとして狂ってくるわちゃの演技が良い。
ただ、ちょっと残念なのはずっと「守る」を連呼してたことかな?
正直、この単語が多すぎて深みを感じられなかった。ここはライターさんの力不足のような気も。兄設定とかでよく出てくるワードだと思うけど、あまりにも連呼しすぎてちょっとしつこいと思いました。
もしかしたら、私は他ルートのリンドの方が好きかも。

twittericon_400x400_DwDonsale_ch03.png
・楚神ウリエ(CV:近藤隆)
大事な幼馴染の為にグリモワールをプレゼントするべく奮闘しているけど、実は父親からも出し抜けとプレッシャーを受けているウリエ。
ウリエルートの鍵はズバリ【愛】ですね。
ウリエは母親からも愛されてなくて、自分の父母に軽蔑しながらもやっていることは変わらないというかわいそうな子なんですよね。そんな中、リツカが家族を大事にしているのを見て、不遇な環境で育ってきたウリエはそれが信じられない。ウリエはあの手この手を使ってリツカを堕とそうとするけどなかなか自分には靡かない。このウリリツのやり取りが好きでした。

twittericon_400x400_DwDonsale_ch04.png
・南那城メィジ(CV:木村昴)
メィリツ尊い←
メィジルートは一番安心出来るルートだったと思う。
そして、アクマで唯一グリモワールの力を手にしたのもメィジだけだし!
南那城家は元々下の地位だったし、実力でのし上がってきたメィジは本当に凄い。例えそれが力業だったとしても。
メィジは優しいし、キュンキュン要素が多かった。
唯一、彼のルートだけ萌えましたよ。
リツカが可愛いと思えたのも彼ルートだけでした。

twittericon_400x400_DwDonsale_ch05.png
・棗坂シキ(CV:平川大輔)
色々危ない子だけど、一番可愛げのある子だなって感じですね。
平川さんってM声本当上手いんですよ。そして、憎めないという。
シキは堕天使なので天使族が出てくるんですが味方かと思いきや、天使って言葉に惑わされてはいけないですね。まさか、天使までリツカを殺そうとするとは思ってなかったです。
シキも【堕天使】惜しかった。それだけの理由で堕天使になったっていうのがいまいち。
やっと一人ぼっちじゃなくなった時のあのシキが可愛い。

twittericon_400x400_DwDonsale_ch06.png
・ローエン(CV:鈴木達央)
ポメラニアンと見せかけ実はケルベロス。
嘘だろ!?(゜ロ゜)
ローエンは攻略制限もあることもあり、真相ルートでしたね。
最後に攻略したこともあり、もう色々泣かせるポイントが沢山。
グリモワールの為に近づいているのにリツカを守る所とか、マキシス復活をずっと夢見てたのにリツカを殺したくないと情をかけるようになった所とか、ローエンどんどん好きになっちゃうよ。
リツカの母・マリアの台詞がぐっときますね。
貴女も私と同じようにアクマを愛してしまったのね。
マリアからマキシスは妻もリツカもとても愛していたこと、ヒトの世界にいすぎて魔力が徐々に失われてそこをアーロンドに狙われて散ってしまったこととか悲しい。マキシスはどんな容姿だったんだろう。スチル欲しかった。
ヒトENDは勿論なのですが、アクマの魔王と下僕とか好きです。唯一、リツカが闇堕ちしたENDなので。


☆総評
絵はアニメ絵なので可もなく不可もなく。とにかく、スチルの枚数は多かった!
既読じゃないのにジャンプ飛んじゃうのはマイナス。あと、ヒトかアクマかの選択肢でセーブ出来ないのもだめだと思います。
あと、ダミヘが多すぎて逆に萎えました。ダミヘの貴重感がない。
話も一本道だったのでそこまで面白くはなかったです。
総合的に考えると、私は☆5が満点なら☆3.8ぐらいかな?←多めに見てね
嫌いではないけど、密林のあの評価の高さに驚いてます。
ENDも無理に4種にしなくても良かったと思います。

攻略に関してですが、ローエンのみ攻略制限がかかってます。レム・リンドをやると解除されるみたいですね。
おすすめの攻略順ですが、ダンデビ初めて見る人は【レム】からが話の流れはわかりやすいと思います。私は気になってリンドにしちゃったけど。
レム→ウリエ→シキ→メィジ→リンド→ローエン辺りがいいかもしれない。
ウリエ・シキ・メィジはぶっちゃけどの順番でも構いませんが、萌えて平和なのがメィジ。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
2016-06-23 : Dance with Devils : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

莉雨のプロフィール

莉雨

Author:莉雨
BIRTHDAY:Septemper 4
BLOOD TYPE:B
AGE:Adult member of society
FC:Laugh&Peace,Star Club,A.B.C.Z-Member,Johney's Jr Information Member,Sexy Zone
Faolite&LOVE:VOICE ACTOR,Virgin game,Theatergoing,Disney(DONALD),TOKYO DISNEY RESORT(LAND&SEA),JOUNEY'S

基本雑食。腐女子でもありますが、乙女ゲーに関してはBLはそんなに好みません。
一般ゲームの時々。
乙女ゲーはオトメイト中心にネオロマや花梨エンターテイメントなど色々。
株式会社ガストから発売されているアトリエシリーズとファルコンから発売されている空の軌跡シリーズなどが好きです。


ツキノ芸能プロダクションに所属する新人グループ、ツキクラを応援中。
大海将一郎くんを特に推してますが、13人全員大好き。

ラブライブ!サンシャイン!!のAqours応援!
ヨハネ中心に推しつつ、ちかちーと曜ちゃん気になる。
学年だと1年生、グループだとギルキス。

念願の一眼レフ購入しました。一眼レフ初心者。
相棒はCanon EOS Kiss X7 Since 2016.6.27~

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。