FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ポポローグ PS one Books プレイ感想

ポポローグ PS one Booksポポローグ PS one Books
(2001/11/22)
PlayStation

商品詳細を見る
ある日、ピエトロが城を抜け出して近くの丘の上でのんびりと空を眺めていると、突然黒い影がポポロクロイスを覆い隠し、異次元世界へと引き込んでいった。そこは「夢幻フィールド」と呼ばれる異世界で、さまざまな時空から寄せ集められた空間で成り立っていた。この異世界の調査に出かけた兵士たちが行方不明になるという非常事態のさなかに国王までが失踪してしまう。いなくなった人々を連れ戻し、王国を元の世界に戻すため、ピエトロ王子が冒険の旅に出る。

実はクリアしていないのですが、ある程度はやっているのでその感想を。
ポポローグはポポロクロイス物語の番外編です。
残念なことにポポローグでは夢幻フィールドの力によってナルシアが仲間になってくれません。なんてこったい。   白騎士も確か出てこなかったかと。ガミガミ魔王はいつものように登場はしてくれるものの仲間になることはないです。
その代わり新しく雇用システムというものが存在します。傭兵所という所がありましてイベントで出会った特定のキャラクターは冒険者として傭兵所にいます。保険金さえ払えば傭兵所にいるキャラ二人まで雇うことが出来ます。これでピエトロは自由にパーティを組めるというわけです。能力に優れているほど保険金は高く設定されています。一緒に連れている傭兵所のキャラが戦闘不能になると傭兵所にワープし、暫く雇えないません。また、連れて行かない冒険者同士で修行させたり、探索をさせてアイテムを拾わせるなんてことも出来ますのでなかなか面白いです。
また、スタピンというスタンプカードが用意されていて要はビンゴみたいなものです。スタンプが揃ってスタピンオヤジに見せると豪華な賞品がもらえたり。なかなかこの辺は工夫されています。

ポポロクロイス物語に比べて明らかにダンジョンは難しいです。ですが、モンスターに関しましては触れなければ戦うことにはならないのでそこはいいかな。ホーリーマップを見ながら動いても難しい。
アイテムの補給もなかなか難しいのですが、サブキャラでアイテム販売してくれるキャラとかいますので連れて行くとわざわざ街に戻る手間は省けます。

傭兵に関しては序盤はやはりメルとダイソンかな?
序盤で雇えますし、そんなに高くないのでオススメ。
中盤からはポリスを雇うといいと思います。彼は天空城に連れて行くとあるものを覚えてくれますよ~。ユキもオススメ。
戦闘シーンは前回と同じくコマンド方式。


やっぱり、ダンジョンが複雑なので正直一度迷うと投げ出したくなる作品だと思います。
RPG初心者には向きませんね。ポポロシリーズ知らない人にもオススメは出来ないですね。
ポポロが好きな方はやってみてもいいかもしれません。
ただし、あくまで番外編なのでそこをお忘れ無く。


スポンサーサイト
2013-03-10 : ポポローグ : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

莉雨のプロフィール

莉雨

Author:莉雨
BIRTHDAY:Septemper 4
BLOOD TYPE:B
AGE:Adult member of society
FC:Laugh&Peace,Star Club,A.B.C.Z-Member,Johney's Jr Information Member,Sexy Zone
Faolite&LOVE:VOICE ACTOR,Virgin game,Theatergoing,Disney(DONALD),TOKYO DISNEY RESORT(LAND&SEA),JOUNEY'S

基本雑食。腐女子でもありますが、乙女ゲーに関してはBLはそんなに好みません。
一般ゲームの時々。
乙女ゲーはオトメイト中心にネオロマや花梨エンターテイメントなど色々。
株式会社ガストから発売されているアトリエシリーズとファルコンから発売されている空の軌跡シリーズなどが好きです。


ツキノ芸能プロダクションに所属する新人グループ、ツキクラを応援中。
大海将一郎くんを特に推してますが、13人全員大好き。

ラブライブ!サンシャイン!!のAqours応援!
ヨハネ中心に推しつつ、ちかちーと曜ちゃん気になる。
学年だと1年生、グループだとギルキス。

念願の一眼レフ購入しました。一眼レフ初心者。
相棒はCanon EOS Kiss X7 Since 2016.6.27~

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。